大船軒サンドウィッチ鎌倉ハムを頂きました

年末恒例の旦那実家への帰省。
妻にとっては気の進まないイベントです。
しかも今年は1歳にならない息子を連れて初めての新幹線。東京から福島まで約一時間半の電車での旅を息子が大人しくしてくれるのか。不安を抱えての帰省でした。
まあオムツやら離乳食やら大荷物。
しかも主人が新幹線乗車券を家に忘れるというトラブルもあり、タイヤがとれるのではと思うほど大急ぎでベビーカーを走らせ、ギリギリセーフ、なんとか朝8時出発の、仙台行のやまびこ号に飛び乗りました。
東京駅からの新幹線といえば、わたしは去年までの独身時代、必ずカツサンドを購入して乗車していました。特にどこのが美味しいとか覚えていないのですが、(カツサンドはどれも美味しい笑)ボリュームたっぷりのサンドイッチに、座席でゆっくりとかぶりつくのが幸せで。
まあもう子供もいますし、そんな贅沢な時間は戻ってきません。
それでも簡単に食べられるおにぎりかなんかをとにかく朝食用に売店で買い、車内でささっと腹を満たそうと思っていたのですが、急いで乗車したためそれも叶わず。
乗車券を忘れた旦那を恨めしく思いながら空腹を抑えていました。
「仕方ない、車内販売でなにか買うか。」
と旦那。いざ新幹線に乗ると、わたしは息子の離乳食やらオムツやらでなんだか座席でも落ち着かずバタバタ。息子がやっと眠ったころには、わたしも寝落ちていました。
ふと目をあけると、旦那が車内販売で何か購入していました。
「はい、どうぞ。」
差し出されたのは
レトロな柄の紙箱。
“大船軒サンドウィッチ鎌倉ハム″
サンドイッチか。それからコーヒー。お砂糖とミルクつき。
あらありがとう、急に空腹を思い出して早速頂くことに。それにしても懐かしい雰囲気の紙箱がいい。サンドイッチも、サンドウィッチっていうとまたいい感じだね。
蓋をあけると、ハムとチーズのサンドウィッチ。薄い黄色と淡いピンクと白が規則正しくならんでいる。とってもシンプル。
ハムとチーズがいっしょに挟まっているんじゃなくて、ハムはハム、チーズはチーズでべつにサンドされている。
「いただきまーす。」
そのシンプルな味の美味しいこと。ジャズのかかった昔ながらの喫茶店ででてくるような、とにかく普通なのに、とびきり美味しいサンドイッチの味。
鎌倉ハムだって。福島行くのにね。チーズサンドウィッチはほんのりマスタードがきいていて、それがまた美味しい。
砂糖とミルクを入れたこれまた普通のブレンドコーヒーを時おり含みながら、ゆっくりと堪能できた
“大船軒サンドウィッチ鎌倉ハム″は、また食べたい懐かしい味わいだった。
かくして息子も大人しく新幹線を過ごしてくれ、さあここからがほんとの勝負。わたしの旦那の実家帰省2日間が始まりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ